オムツ交換の方法

オムツ交換は排泄介助の中でも「どうすれば綺麗にできるのか」とお悩みの方が多い部分です。
そこで今回は介助者も、被介助者にも負担にならないオムツの交換方法についてご紹介致します。

まず、基本中の基本ですが、オムツ交換をする時には事前に履き替えるオムツを広げておくなどの準備を行なっておき、用意したオムツは自分側の留め部分を丸めておき、被介護者の腰の横に置いておきましょう。
今履いているオムツを外す時には、自分側の留める部分をしっかりと巻き込み、被介護者のお尻の下にしっかりといれておきます。
股にかかっているオムツ部分も広げられたら、タオルやウェットシートなどで肌をしっかりと拭いて清潔にし、片方ずつ足を立たせて被介護者を自分の方を向くように横向きにしてください。

使用済みのオムツをとったら、体勢はそのままで、新しいオムツを吸収ポリマーが骨盤部分に当たるように、尿取りパッドはお尻の割れ目ぐらいに吸収ポリマーがくるようにセットします。
新しいオムツがセットできたら被介護者の体勢を戻し、最初に丸めておいたおむつの留め部分を引っ張り出して履かせたら完了です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事