在宅での排泄介助

体を動かすことが難しい場合にはトイレまで行くのも一苦労ですが、排泄介助のもう一つの方法としてオムツがありますよ。

高齢者向けのオムツにも種類があり、パンツタイプにもギャザーで留める物とボタンでスッキリ留められる物などがありますし、尿量が少ない場合には補助パッドを併用する場合もありますから、ご本人の症状などに応じてお選びください。

オムツを着用させる時にはベッドで横を向いてもらい、オムツと尻を合わせるようにして当てておき、仰向けになってもらったら左右のテープなどを取り付けて、尿漏れを防止するためのギャザーを折り込みます。

オムツはご本人が納得した上で使用して、自尊心を傷つけないような配慮をして介護を行うようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事