丸首の服を着脱する方法

自分で上手に服を着脱できない人を介助する時には、服の構造によって適切な介助方法があり、今回は丸首の服の着脱についてご紹介いたしますので、ぜひ参考にして介助を行いましょう。

服を着用する際には、麻痺や動かしにくい腕を通すのが難しくなってしまいますし、子ども扱いしているように見られますので首から服を通すのはNGですよ。

正しい着用方法は腕から着てもらうということであり、利用者さんにも協力してもらいながら、利用者さんに首元を持ってもらって首に通し、もう片方の手も着てもらい服に捻れがないか確認をしましょう。

脱ぐ時には、前側と背中側を上にたくし上げて、肩の部分を抜いたら肘や腕部分も脱ぎやすいですよ。

首から脱ぐ時には服が顔に掛からないよう注意しながら脱ぐサポートを行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事