食事を楽しむ為の嚥下体操

飲み込む力が弱くなってしまうと、食事を楽しみづらくなってしまうだけでなく、誤嚥による誤嚥性肺炎のリスクも高くなってしまいます。
そうした誤嚥を防ぐ為にぜひ行ないたいのが、お口の筋肉を鍛える嚥下体操です。

まず、お口を大きく空ける、しっかりと閉じるを繰り返し行なって準備体操をしましょう。
続いて、口を「イ」の形に横に広げる動きと、「ウ」の形に尖らせたような形にする動きを繰り返して行なってください。
次に、頬に空気を入れて膨らませる、ヘコませるという動きを交互にし、そのまま右・左と交互に空気を入れて筋肉をほぐしましょう。

こうした簡単な運動だけでも十分な嚥下体操として機能します。
嚥下体操をするのにベストなタイミングは食事前ですので、食事を取る前の少しの時間にこの体操を習慣付けたいですね。
また、テレビを見ていたりお風呂に入っているなどの気付いた時に行なっても良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事