杖を使って階段を登り降りする方法

杖を使用して歩行する際には、介助者が気を付けておくべきポイントがありますので、今回は階段の段差を登り降りする時の介助についてご紹介いたします。

杖を使って移動する時は、まず杖を前に付いて登る時には健常の足を先に出して患側の足を引っ張り上げますが、階段を降りる時には、歩く時と同じように杖を出してから患側の足を降ろし、次に健常の足を降ろすのです。

階段で介助を行う際には、利用者さんの隣に立ちますが、降りる時には利用者さんの一段下に降りつつ、患側のサポートをすると良いでしょう。

登る時には介助者は同じ段に立ち、利用者さんの後ろに付いてサポートを行い、利用者さんの腰や患側などを支えつつ、利用者さんが倒れることのないよう支えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事