その人に合う調理方法で在宅介護しよう

様々な要因により、自分では食事を摂ることが困難になってしまった場合には、毎日の食事で介助が必要になりますが、食事の介助は大事なコミュニケーションの時間になりますよ。

歯が無かったり噛むことが難しい方には、硬い漬物なども切り刻んで食べやすい状態にしたり、一口大の大きさにしたり、柔らかく煮込んで調理を行いましょう。

誤嚥を防ぐためにも食事中の水分補給が大切ですから、味噌汁やスープを作ったり、寒天ゼリーを作って食べてもらうと良いでしょう。

咀嚼できるかどうかなど、一人ひとりの口内の状態に応じて食材の切り方を変えることにより食べやすくなりますので、一口大から食べやすい刻み食、みじん切りレベルの刻み食、ペースト状まで考えて作ることで健康な人と同じメニューが食べられるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事