食事介助の注意点

何歳になっても食事を毎日楽しみたいと考えている人は沢山いますが、高齢者の食事を介助する際には、注意すべきポイントがありますのでご紹介いたします。

冬になると、お餅が喉につかえるというニュースを目にすることもあると思いますが、介助で気をつけることで食事の事故を防ぐことができますよ。

高齢者は唾液が少なくなっているため、まずは食事の前に水分補給を行い、口の中を潤しておき、さらには姿勢も誤嚥に関係していますので、顎を上げないよう少し前屈みの姿勢になり、食事中のテレビの視聴は控えるようにしましょう。

誤嚥を防ぐために最も大切なことは、よく噛むことですから、噛み合わせや入れ歯で違和感がある場合には歯医者さんに相談すると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事