食事介助のポイントとは

食事は健康維持だけでなく生きる上での楽しみでもありますので、利用者さん一人で食事が困難な場合には食事介助でサポートしましょう。

食事介助で大切なことは、その人ができることを理解することと、体調変化について観察し、栄養の改善の為に食事メニューについても確認して、脱水症状にならないためにこまめな水分摂取も忘れずに勧めましょう。

まずは声がけをして、利用者さんの姿勢が悪くなってないか確認したら、スープなどの汁物から飲んでもらいます。

食べる物を見せながら介助を行いますが、利用者さんが火傷しないよう1回の摂取量に気をつけて、スプーンやお箸が口に当たると不快に感じますので注意しましょう。

あとは、会話もしながら楽しい雰囲気の中で食事すると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事