座位の状態でズボンの着脱介助

自立度が高い人なら、立ち上がって介助者に寄っかかっている前傾姿勢の状態で、ズボンを下ろして脱いでもらうことができますが、一人では着替えが困難という人には、座位の姿勢でズボンの着脱を介助する方法がありますのでご紹介いたします。

スクワットのような動作を、何度も行うのは介助者にも負担がかかり辛いですから、利用者さんのできることは自分で行ってもらい、サポートが必要な部分は介助者が手伝いましょう。

腰骨にズボンを引っ掛けてから、介助者の肩に捕まってもらい、お尻を少し浮かせた状態で脱がせるとスムーズに脱がせることができますよ。

着てもらう時には、動かせる方の足を自分で動かしてもらい、脱がせる時と同じように肩に捕まってもらいながら着てもらうのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事