車椅子、段差を走行するときのポイントとは

車椅子で、スムーズに段差を移動したり乗り越えるためには、移動介助のテクニックを理解していることが大切ですから、今回は段差を走行する時の介助のポイントについてご紹介いたします。

まずは、車椅子に乗っている方に声がけを行って、段差を超えるという事を伝えておき、ティッピングレバーに足をかけて前輪を上げたら、ティッピングレバーから足を離して体重で車椅子を支えながら介助していきます。

前輪を上げすぎてしまうと、乗っている方が怖いと感じてしまいますので、最小限の幅だけ上げておけば良いですよ。

前輪を段差の上に乗せたら、大車輪を密着させながら前に押し上げると、スムーズに乗り越えることができるので、無理に持ち上げて腰や腕を傷めないよう注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事