悪路を車椅子で走行する方法

車椅子は、足が不自由な人や寝たきりの人が移動するために必要な福祉用具ですが、いつも平坦な道を走行するわけではありませんので、今回は悪路を車椅子で走行する方法についてご紹介いたします。

舗装されていない凸凹の道や踏切などを通る際に、まずは車椅子に深く腰掛けてもらい、声掛けを行って利用者さんの体が後ろに傾かないように気をつけましょう。

アームサポートをきちんを握ってもらい、ティッピングレバーを踏みつつ、テコの原理を用いてキャスターを持ち上げましょう。

手押しハンドルを握って、しっかりと前に進みますが、キャスターを持ち上げずに進もうとすると、不安定な地面に引っかかって転落や転倒などの危険性が高まりますので注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事