利用者への食事介助の知識

食事介助では、誤嚥を防ぐためにも正しい知識を理解してから行うことが大切ですよ。

利用者が食事して満足するためには、利用者の自己決定権を保持したり行使することが大切であり、主体的に食事に関わってもらうための工夫が必要なのです。

信頼関係を積み重ねることにより、利用者は安心を感じながら食事を摂ることができますので、不安感や恐怖心を与えないよう注意しながら食事ができる環境を作りましょう。

食事介助では、利用者の体の状態や食事動作を確認して、一方的に食事を口に運んだり、利用者が不快に思うようなことをせず、一人の人間として対応するようにしましょう。

介護では個人を尊重することにより、利用者は能動的に日常生活を送ることができるようになるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事