起床介助のポイントとは

起床介助の時のポイントについてご紹介いたしますので、ぜひ利用者への介護の参考にしましょう。

介助で大切なことは、利用者さんに残存機能を活用してもらうということであり、利用者さんが自分でできる方法で行うだけでなく、介助者の足腰に負担をかけない方法で行い、福祉用具も活用することによりスムーズな起床介助ができるのです。

ただ起こすだけでなく、皮膚や関節の状態を確かめたり、体調の変化も具体的に確認しましょう。

まずは、利用者さんに対して声がけを行い、朝ご飯など起床する目的もきちんと伝えてから布団を片付けて、起こす時には、首や肩甲骨を手で支えるようにすると安心感がありますし、利用者さんもスムーズに体を起こして起床することができます。

足をベッドから下ろす時などテコの原理を使うと少ない力で介助することができますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事