ベッドでの起き上がり、介助者の負担が減らせる?

寝たきりの方や自力で動くことが難しいという方に対して、ベッドでの起き上がり介助を行う時に、介助者の負担を減らすコツがありますのでご紹介いたします。

体の大きい方や体重が重い方を持ち上げようとしたり介助するのは大変ですし、首の下に手を入れると要介護者が怪我したり痛いと感じてしまいますよ。

まずはベッドの高さを調節して、要介護者の足を下ろして立ち上がった時に、足が着くくらいの高さに設定して、柵は外しておきましょう。

要介護者に膝を曲げてもらい、手前に寝返りを打ってもらったら、肘から先をベッドに付けた状態にしましょう。

足から先にベッドの下に下ろしたら、要介護者の肩に手を置いてベッドに付けた状態の手を押してもらいながら引き上げると、遠心力を利用してスムーズに起き上がらせることができますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事