安全な移乗介助のためにできる事とは?

移乗介助を行う際には、事故を予防して安全なところで介助を行う事が大切ですよ。

例えば、車椅子からベッドへの移乗でベッドが高い状態になっているとスムーズに介助を行えない事が考えられるだけでなく、怪我してしまう可能性もあるとの事ですから、移乗前にベッドの高さが低くなっているかを確認しましょう。

ベッドから車椅子へと移乗する際にも、利用者さんの足元が不安定だと踏ん張る事ができませんから、ベッドの高さを低くした状態で移乗介助を行いましょう。

また、ベッドと車椅子の距離が空いていたり、ベッドと車椅子の角度が大きいとスムーズに移乗できない事が考えられますので、車椅子はベッドに近づけた状態で介助を行うようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事