椅子を使った床からの立ち上がり介助

今回は床に座った状態から立ち上がるまでの立ち上がり介助を、椅子を使って安全に行なう方法をご紹介致します。

まず座っている被介護者様に横座りになってもらい、お尻を回すように押してあげつつ側方に手を付いて四つん這いになった状態にしてください。
用意してあった椅子に手を付いてもらって、椅子がある方と逆側の足を前に出しましょう。この時、身体が前方へ倒れないように気をつけて足を持ち上げます。

そして前足に力を入れて頂き一度椅子に腰をかけてもらったら、背中に手を回して倒れないように気をつけつつ、立ち上がってもらいましょう。
このように一度腰をかけてもらうと無理をせずに済むので、安全に立ち上がって貰うことが可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事