立てない人・重い人を軽々介助する方法

立てない人や重い人を介助する時には、自立できる方と違い、また違った正しい方法を知っておく必要があります。
基本的に被介護者の腰に手を回して介助を行なうものと考えがちですが、上記の方々はその方法ではなく、頭の力を使って持ち上げてあげると非常に楽です。

どういうことかというと、腰に手を回すのではなく、片方の手を脇から背を通して支え、もう1つの手は逆の脇を持つように支える持ち方です。
そうすると相手が重くても、対格差がある場合でも簡単に、しかもワンステップで移乗作業を行ってあげられます。

この持ち方のポイントは下から腕を回すのではなく、上から腕を回して支える点で、相手の頭が垂れている状態になっているのが非常に重要です。
見た目だけだと非介助者の方が苦しそうな体勢に見えるかもしれませんが、この方法なら逆に被介護者にとっても楽に移動できるのでおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事