身体が固い人、大きい人の起き上がり介助

身体が固い人や大きい人の起き上がり介助はより体力を必要としますが、ちょっと工夫をするだけで最低限の力のみで起き上がらせることが出来ます。

まず、被介護者の方の両膝を立てて腕を胸の前で組んだらその姿勢で横を向いてもらいます。
両足をベッドの下に下ろし、骨盤を抑えながら上半身を弧を描くようにして起こしていくと簡単に起き上がり介助が行なえます。

これは骨盤を抑えることで支点を作り出し、あとはてこの原理が働いて楽に起こすことが可能になると言う訳です。
この方法なら女性の方が身体の大きい方の起き上がり介助をしなければならなくても力は必要ありませんし、普段の介助が非常に楽になると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事