切り方で食材を柔らかくするコツ

食事の介助が必要な高齢者の方の食事を作る時、多くのことに気をつけなければなりません。
しかし、気をつけるといってもどこを気をつければ良いのか分からずに悩んでいる方は多くいらっしゃいます。そこで今回は、切り方一つ変えるだけで食材を食べやすく、柔らかくする方法をご紹介致します。

多くの食材には繊維がありますが、その食材の持っている繊維の方向を見て切ることがおすすめです。
繊維に沿って切ると繊維がそのままですので、シャキシャキとした食間を楽しめますが、これだとちょっと噛みにくくなってしまいますから、高齢者の方にとって食べ辛くなってしまいます。

繊維の方向とは逆になるように、繊維を断ち切るような感じで切るようにすると、食材が柔らかくなり、仕上がりが結構変わってくるのです。
食材の大きさも大きすぎると食べにくいので、大体3cm程度になるようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事