移乗介助の仕方

介護では、沢山の介助の仕方があることはご存知でしょうか。介護施設で働いている人は介助の仕方を覚えないといけなかったりするのです。きちんとした介助の仕方を知らないと要領が悪くなってしまい、疲れのもとになってしまったりするそうです。

ベッドから車椅子に移動する方法を紹介いたします。
車椅子は、フィットサポートが外に開くものとアームサポートがあげられるものを選ぶといいそうです。
車椅子は乗り移りがしやすいように、角度30°にします。乗り移しの時、対象者の足をひねらないようにするために、車椅子に近い足を少し前に出します。介助者は対象者の背中の後ろに手を組みます。介助者は膝を曲げ、腰を落とし、重心を移動させる力で対象者を立ち上がらせます。対象者の両足の間に左足を差し入れ、右足は大きく後ろに開きます。介助者は対象者を前傾させ、ゆっくり座らせます。対象者の座りが浅い場合は深く座らせるようにしましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事