在宅での生活に戻るために、生活リハビリとは

リハビリは、体を思うように動かせない方が、日常的な生活に戻るために必要なことですが、昔は医療の現場で機能回復のためのリハビリを行い、日常の生活に戻ることを目標としていました。

現代の生活リハビリでは普通の暮らしをしながら機能を回復させるために、できないことにこだわるのではなく、できることをもっと伸ばして身体の向上に繋げるので、利用者一人ひとりに合う生活づくりを行って自立支援を促すのです。

利用者の住み慣れた地域にて、自分らしい生活を楽しむためにも、リハビリを重視した暮らしを推奨しているのです。

生活リハビリを実践するためには、ケアプランを明確にしたり、課題に合った計画を立てて利用者の状態を確認し、利用者のニーズに応えつつ在宅支援と生活リハビリを実施するのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事