着脱介助の方法と声がけ

麻痺などにより体を思うように動かせない場合には、介助者による着脱介助が必要ですが、今回は臥位での着脱のポイントについてご紹介いたします。

まずは、介護される方への声がけとして、今から着替えを手伝うという声がけを行い、着替える服を見せて確認したら、可動式のベッドの場合には、介助者が手伝いやすいようにベッドの高さを変えてから行いましょう。

着替える服を介護される方の横側に置き、着ている服を脱がしていきますが、上半身の半分を脱がしたら腕を肩に置き片膝を立てた状態にして、体を傾けて背中側の服を動かしましょう。

体を横に向かせるようにすると、服をスムーズに脱がせたり着せたりできますから、声がけを忘れずに行いながら介助していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事