麻痺の方への着脱介助

在宅での介護は、ご家族の悩みや心身の負担も多いですから、今回はスムーズに介助するための工夫についてご紹介いたします。

片腕が麻痺している方のベッドでの介助では、本人だけでは着替えることが難しいため、麻痺側に介護者が立ち、麻痺している側の腕に服の袖を通していきますが、介護者がその腕側の袖に腕を通して、麻痺した手を包み込むようにして袖を通していきましょう。

次に、健常な方の腕に袖を通していきますが、本人に協力してもらい自分でできることは自分で実践してもらい自立を促しましょう。

健常な腕から袖を通してしまうと、関節が硬くなりがちな麻痺側の腕を袖に通しにくいので、無理な着方をさせないよう注意して介助を行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事