介護介助のアイデアをまとめたサイトです

カテゴリー:介護・介助

在宅での食事介助、どんな事に気をつける?

在宅で食事介助をする場合、どんな点に気をつければ良いのでしょうか? 間違った食事介助を行なっていると、高齢者の口に食べ物を入れすぎてしまい、誤嚥してしまうリスクがあるのです。 食事介助でまず大切なのは声がけですから、食事のメニュ…

詳細を見る

腰痛予防しながら移動介助する事はできるのか?

安全に移乗介助するなら、介助者の体の負担を軽減させるためにも腰痛予防しながら実践する事が大切ですよ。 特に、体格が大きい高齢者や体重が重い高齢者の介助を行う場合、介助者への負担が大きくなりやすいですからボディメカニクスを意識した介助を…

詳細を見る

食事介助で注意するべきポイントとは?

高齢者に対して食事介助を行うなら、注意するべき点が幾つかありますよ。 早く食事介助を終わらせたいからという理由で、高齢者のペースに合わせず、どんどん食事を口に運ぶ介助を行っていると、飲み込みきれなくて誤嚥に繋がる事が考えられますので、…

詳細を見る

安全に食事介助するためのコツとは?

高齢者に対して安全に食事介助を行うためのコツがありますのでご紹介いたします。 高齢者は加齢とともに噛む力が嚥下力の低下、嗅覚や味覚などの衰え、口腔内の乾き、認知機能の低下で食べ物の認識ができなくなるため、誤嚥するリスクがあるのです。 …

詳細を見る

食事介助でありがちな間違いとは?

施設での食事介助は高齢者が生きるために最も大切な介助ですが、やりがちな間違った介助だと危険ですから間違いについて知っておきましょう。 施設での介助は忙しいため、時間をかけた介助は現実的に難しいかもしれません。 施設の食事は量が多…

詳細を見る

着脱介助をスムーズに行うコツとは?

高齢者への着脱介助をスムーズに行うためのポイントについてご紹介いたしますので、ぜひ参考にして介助してみてはいかがでしょう。 着脱介助の基本は脱健着患ですから、健常な側から脱がせて患部側から着てもらうようにしましょう。 着てもらう…

詳細を見る

移動介助は腰痛を予防しながら実践しよう!

ベッドの上の高齢者を介助する際、介助者の腰に負担をかけないような方法が大切ですよ。 腰に負担をかけないためには、介助者は足を肩幅くらいまで広げて膝を曲げた状態でしゃがむような姿勢で介助を行いますが、腰が引けているような姿勢だったり、腕…

詳細を見る

食事介助のポイントについて知っておこう!

食事介助ではどんな事に気をつけながら介助する必要があるのでしょうか? 食事介助を行う前にまず大切なのは高齢者の姿勢であり、椅子に深く腰掛けてもらい、地に足をつけて背筋を伸ばした安定している姿勢になってもらい、誤嚥を防ぐためにも高齢者の…

詳細を見る

スムーズに介助をするコツとは?

介助はスムーズに行う事が大切ですから、介助のコツについて知っておきましょう。 介助者よりも年上である高齢者に指示を出して動いてもらうとしても、介助を拒否されてしまったりスムーズに介助できない事が考えられますので、プライドを傷つけないよ…

詳細を見る

ボディメカニクスを意識して介助しよう!

介護では介助者の特に腰へ負担がかかりやすいですから、ボディメカニクスを意識して介助する事が大切ですよ。 ボディメカニクスにはポイントが7つあり、支持基底面積を広くしたり、テコの原理を活用したり、重心の位置を低くしたり、重心を移動させた…

詳細を見る