介護介助のアイデアをまとめたサイトです

杖をついて階段を上がる際の介助方法

杖をついて階段を上がるときは、介助する方は被介助者の足元だけでなく顔の表情も見るようにし、後ろに倒れる危険性を考えてやや後方に周ったら、被介助者の腕に手を通して支えます。 この時、麻痺のでている方の腕を掴まないように注意して、もう一方の手…

詳細を見る

介護のマナーについて知っておこう

スタッフとして介護を行うなら、利用者が気持ちよく過ごせるように利用者への対応やマナーを身につける必要がありますよ。 まずは、第一印象が大切なので身だしなみをきっちり整えておき、走るなどの行為は利用者に危険を及ぼす恐れがありますので、不…

詳細を見る

とろみの付け方の目安

摂食・嚥下障害のある方にとって、お茶やお味噌汁のようなサラサラした飲み物・食べ物は誤嚥しやすいため、その予防としてとろみ剤を使ってとろみを付けることは珍しくありません。 しかし、単にとろみを付ければ良いと言う訳ではなく、どんな時に誤嚥…

詳細を見る

切り方で食材を柔らかくするコツ

食事の介助が必要な高齢者の方の食事を作る時、多くのことに気をつけなければなりません。 しかし、気をつけるといってもどこを気をつければ良いのか分からずに悩んでいる方は多くいらっしゃいます。そこで今回は、切り方一つ変えるだけで食材を食べやすく…

詳細を見る

身体が固い人、大きい人の起き上がり介助

身体が固い人や大きい人の起き上がり介助はより体力を必要としますが、ちょっと工夫をするだけで最低限の力のみで起き上がらせることが出来ます。 まず、被介護者の方の両膝を立てて腕を胸の前で組んだらその姿勢で横を向いてもらいます。 両足をベ…

詳細を見る

立てない人・重い人を軽々介助する方法

立てない人や重い人を介助する時には、自立できる方と違い、また違った正しい方法を知っておく必要があります。 基本的に被介護者の腰に手を回して介助を行なうものと考えがちですが、上記の方々はその方法ではなく、頭の力を使って持ち上げてあげると非常…

詳細を見る

椅子を使った床からの立ち上がり介助

今回は床に座った状態から立ち上がるまでの立ち上がり介助を、椅子を使って安全に行なう方法をご紹介致します。 まず座っている被介護者様に横座りになってもらい、お尻を回すように押してあげつつ側方に手を付いて四つん這いになった状態にしてくださ…

詳細を見る

誤嚥予防の食事介助

食事介助をする時に最も気をつけたいのが、誤嚥の予防です。 飲食物が食道ではなく気道に入ってしまう誤嚥は、重症になるまで気付かないこともありがちで、万が一気付かずに放置してしまうと肺炎の原因にもなってしまい大変危険です。 誤嚥を防ぐ為…

詳細を見る

ズボンの着脱介助

今回は一部介助が必要な方のズボンの着脱をスムーズに行なう方法をご紹介致します! 患側は麻痺や怪我のある部分、健側は麻痺や怪我のない健康な部分ということを覚えておいてください。 まず、被介護者が椅子に座っているのなら少し前に出て足を引…

詳細を見る

誰でも上手にできる着脱の小技

認知症の方は、場合によっては着脱してもらうのにも多くの労力を使ってしまうことがあります。 しかし、少しの工夫をするだけで、今まで大変と思っていた着脱を簡単にしてもらえるのです。 まずは上着を脱いでもらう時ですが、袖から手を抜こうとす…

詳細を見る